GoPro

初めてのGoProこれだけでOK! SDカードなしだとどうなる?

最近さらに人気を集めているGoPro。気になって買って見たけど、いまいち使い方がわからない。または、買おうと思っているけれど、しっかりつかいこなせるか不安。

そんな人のために今回は高度な使い方ではなくて、とりあえずGoProっぽい写真や動画をとるというポイントにしぼって説明していきます。めちゃめちゃ簡単なので安心してください。

記事の内容

GoProを楽しむために必ず必要なもの

GoPro に電源を入れる前にこの3つの物がないとGoProで撮影はできません。

GoProを楽しむには「GoPro本体」「バッテリー」「マイクロSDカード」の3つが必要です。購入時には本体1つに対してバッテリー1個しかついていません。なので、マイクロSDの購入を忘れないようにしてください。マイクロSDカードって?

実際、マイクロSDが必要なのを知らない人が多いのでここは気をつけてください。おすすめは64GBのマイクロSDを2つ。(無くした時や予備用も含め)バッテリーの追加は撮影の量に合わせて購入。(1個のバッテリーで約90分)

使い方はかんたん

GoProには「電源ボタン」と「撮影開始ボタン」の2つのボタンしかありません。タッチスクリーンもありますが今回はとりあえずがポイントなのであまり触れません。設定して欲しいもの以外は買った時のままの状態で大丈夫です。基本的に撮影時にはこの2つのボタンをメインでつかいます。

電源の入れ方

まずは電源を入れないと何も始まりません 。(笑)上の画像の電源ボタンを約3秒長押しします。そうすると、「ピピピッ」と本体から音がすると思います。そうしたら、電源オンの状態です。同じく電源ボタンを再度長押しすると電源を切ることができます。

ちなみに電源ボタンを1回づつ押すと各詳細な設定はできませんが、タイムラプス動画写真の切り替えのができます。各種詳細設定はタッチパネルで行います。

GoProでの写真の撮り方

GoProで写真をとるにはまずは写真の設定にするために、電源ボタンを長押しではなく1回押すとタイムラプス動画写真の順で画面が変わるので写真の画面に合わせてください。

この画面になったら撮影はできます。ただ、ここでGoProらしい写真をとる上で確認して欲しいのは「Protune」がオンで「広角」になっているかとカラーが「GoPro」になっているかです。GoPro 7 Blackの場合は「スーパーフォト」がオンになっているかの確認。これがあるとよりGoProらしさが出ます。画像の印の部分をタッチしてもらうとスクロールできる設定画面が出てくるのでそこで各設定ができます

この設定が終わったらいよいよ撮影!

撮影開始ボタンを1回押す。撮影完了。ただこれだけ(笑)

GoProでの動画の撮り方

続いてGoProで動画をとるには写真の撮り方と同様に、電源ボタンをおして動画の画面に合わせます。そして設定画面からRES|FPSというところを1080|602.7K|60また4K|60に合わせて、安定化を自動に設定します。

また、通常なら4Kの設定にしてもいいですが、4Kで撮影すると容量が大きくなったり編集する場合はデータが多いので多少スペックが高いパソコン出ないとたまに重くなったりするのでおすすめしません。

また、現在はスマホで動画を見るのが一般的でスマホで1080|60と4K|60の動画を見比べた時にさほど変わらない見栄えになるためです。詳しくは4KとHDの違いって?fpsってなに?をチェック!

さて、各設定が終わったら撮影準備は完了です。

これもまたあとは撮影開始ボタンを押すだけ!撮影終了はもう一度ボタンを押します。簡単!!!!

GoProでのタイムラプスの撮り方

GoProでタイムラプス機能はとても人気があります。タイムラプスとは、定点観測のような撮り方。長時間の撮影短い早送り映像にするモノです。

例えば、日の出や夕暮れ、星空撮影なんかでよく使われています。タイムラプスの撮影をするきはこれもまた電源ボタンを1回づつ押してタイムラプスを選んでください。

タイムラプスは時間設定など動画や写真と比べて設定が多くなるので、動画と写真の撮影になれたらトライしてみるといいと思います。各設定は動画と写真と同じところで設定することができるので自分で試してみるといろいろ新たな発見もあるので楽しいと思います。

新機能GoProでのTime Warpの撮り方

Time WarpはGoPro 7 Blackに新しく搭載された面白い機能です。

普通のタイムラプスはカメラを固定して被写体(星空、街並み、雲など)が動く様子を撮影するものですが、GoPro HERO7はハイパースムースという今までにない手ブレ補正(ジンバルキラー)を生かしてTimeWarpというカメラを移動させてタイムラプスが撮れるという新しい撮影方法です。

技術的に言えば、TimeWarpはタイムラプスにHyperSmooth(新手ぶれ補正)を適用した動画のこと。

これも動画撮影になれてきたら試してもいいと思います。もちろん、せっかくの面白い機能なので最初に手をつけるのもありです!

撮った写真・動画の確認

撮った写真の確認は下の画像の印らへんから上にスワイプしてあげるとギャラリーが開くのでそこを左右にスワイプするとその他の写真と動画をみることができます。

GoProのつかい方まとめ

今回の記事ではGoProでとりあえずGoProっぽい写真と動画をとることにフォーカスしましたが、合わせてタイムラプスとTime Warpがどういうものなのかを少し紹介してみました。そのほかにも興味がある方は今後もっとディープな記事を書いていくので楽しんでもらえたらと思います。