SDカード

マイクロSDカードって?おすすめは?

マイクロSDカードは今時代カメラやスマートフォンに欠かせないアイテムです。でも、種類が多すぎてどれが良いか、わからないそんな人に向けて主にGoProやドローンに適切なマイクロSDカードについて書いていこうと思います。

記事の内容

結論 おすすめスペック

GoPro やドローンならこれ!

  • スピードクラス 10
  • UHS スピードクラス 1 以上
  • 容量は 64GB 以上
  • 防水性能(あれば)

全てのデータを1つにまとめていてそれを無くしたりしたらせっかくの努力が台無しです。だから、大抵の人は紛失や破損のリスクを考えて64GBより大きな容量は持ち歩きません。

って言われても。。。だから、もう少し解説していきます。

そもそもマイクロSDカードって?

マイクロSDカードは簡単に言えば「保存できる容量を増やすアイテム」です。日本人の僕たちは大半の人がiPhoneを使っていると思います。今は元々のiPhoneの容量が多いからカメラで写真をとる時にいちいち容量のことは気にしないからあまりピンとこないと思います。

例えばiPhone8の容量が64GBで空き容量がなくて写真が保存できない。その時に追加でiPhoneを買うのはお金がかかるからデータだけ違うところに移したい。

そんな時に使えるのがマイクロDSカード。(他にもデータを移せるものはいっぱいあります。)

スピードクラスって?

スピードクラスとはマイクロSDカードの性能の違いを表したものです。容量のことではないので注意してください。つまり、写真や動画などの「読み込み・書き出し」の速さがどれくらいなのかを表したもの。

必要なスピードクラスでないとコマ落ちしたり録画が中断してしまったりしてしまうのでスピードクラスの確認はかなり大事!

スピードクラスが書いてあるところ

スピードクラスはものによってスピードクラスだけ書いてあったり、UHS スピードクラスだけ書いてあたりします。または両方書いてある。下の図のような感じです。

・赤丸がUHS スピードクラス

・青丸がスピードクラス

最後に

SDカードは値段だけで選んでしまうと、用途にあったSDカードを使わないだけでデータの質が悪くなったりしてします。なので、しっかりと自分にあったものを使うようにした方が良いです。

容量に関しても実際、僕も34GBや64GBなどあまり大きなものは使っていません。128GBのカードを1回なくしたことがあって本当にショックでした。(笑)それ以来容量小さめのものを使っています。

今回はマイクロSDカードの大まかなことについて書きました。とりあえず写真や動画を趣味で楽しぬならこのくらい知っておけば大丈夫です。でも、もちろんもっとマニアックな情報もあるので興味がある人は他のことについても調べるのも良いと思います。